top of page

​2024年 例 会 報 告

「今年もみんなで楽しく安全なウォーキング、そして結びつきを大切に」☆ウオーキングも参加者に対応した変革を☆

 

『例会名』蔦の細道と岡部宿・丸子宿を回る山の手さくらウオークの例会報告

 

『歩行距離』  25km

『実施日』   令和6年2月18日(日曜日)  天候『曇』

『参加者』   29名(内 一般参加者2名)

 

会長挨拶 : 上木幹夫

例会2回連続の雨でしたが、今回の山の手さくら『河津桜と同種』は満開のさくらが見られます。堪能してください。天候も心配ないようです。また、旧東海道の岡部宿、明治のトンネル、丸子宿の休憩を取りながら歩くので、昔の旅人の思いを感じながら楽しく歩いてください。途中ゴールでもかまいません。無理なくあまり頑張らないでゴールしてください。

楽しく歩き免疫力アップで健康寿命を上げましょう。

 

★コースタイム★

焼津北公園8:49『スタート』→山の手さくら9:21→神神社9:51→十輪寺10:00→岡部総合案内所10:39→大旅籠「柏屋」11:05→明治のトンネル11:48→道の駅「宇津ノ谷峠下り」12:05(昼食)12:45→誓願寺13:22→丸子城址13:37→駿府匠宿13:57→JR安倍川駅14:43『ゴール』

 

★感想報告★

曇天の中焼津北公園よりスタートする。朝比奈川の山の手さくらは丁度見頃で、菜の花の黄色とのコントラストが綺麗だ。神神社で休憩をしてから十輪寺に向かう。十輪寺ではモクレンまつりに向けて整備や掃除をされていた。山の辺の道を少し歩き、三輪公民館から旧東海道に向かう。久し振りに岡部総合案内所にて休憩をとる。大旅籠「柏屋」ではこれからの歩きに備えて、甘酒を飲まれ栄養補給をされた方も見受けられた。明治のトンネルをバックに記念撮影を済ませ、蕎麦屋の看板を横目に見て歩く。道の駅「宇津ノ谷峠下り」にて昼食をとる。

旧東海道で本を持って歩く女性グループに遭遇したので話を聞くと、三重県の亀山からで日本橋を目指していて今日は府中泊まりとのことでした。久しく街道歩きをしていないので歩きたくなりました。二軒屋の大鈩入口にて丸子城コ-スと下道コ-スとに別れる。誓願寺より丸子城まではなかなか手強い登りだ。二の曲輪に展望台が作られていたので、ここにて記念撮影を磐田から城巡りに来られていたご夫婦にお願いした。駿府匠宿にて下道コ-スの方々と合流する。丸子の丁子屋よりは旧東海道を車に気をつけながら、無人販売の柑橘類を見ながら歩く。安倍川駅には予定より早めに到着した。本日は一時パラパラと小雨が降ったが、曇りで歩き安い天気でした。皆さんお疲れ様でした。 

(大内 英夫 さん)

「今年もみんなで楽しく安全なウォーキング、そして結びつきを大切に」

 

例会名』 遠州三山を回る巡礼の道ウオークの例会報告

 

 

『歩行距離』   23km

『実施日』  令和6年2月4日(日曜日)  天候『雨のち曇』

『参加者』  20名

 

会長挨拶 : 上木幹夫

2月4日立春での例会です。雨模様での遠州三山巡礼の道ウオーキングとなりましたが、遠州三山は心と体の健康、災害を防ぐ祈りの場と言われています。新たな発見を探しご利益をいただき、歩いてください。最終の寺法多山尊永寺で厄除け団子を買うのも好いですよ。

きっと今年は素晴らしい一年となるでしょう。

私(上木)、2024年1月24日の静岡県ウオーキング協会総会において、会長に任命され就任致しました。健康寿命を上げる目的でのウォーカー5千万人といわれ多数いるのに、全国的にイベント参加者減少しています。

イベントのマンネリ化、参加者の高齢化など様々な要因があります。県協会・静岡歩こう会においても同様な現象があります。

多様化の時代、例会他を改善見直しながら、関係諸氏や皆様方の協力のもと進めて参ります。今後ともよろしくお願いします。

◇静岡県ウオーキング協会の役員「静岡歩こう会からの役員関係者」事務局長 石井 明さん、幹事 吉田 進さん、上田公一さん、監事 浅場昇三さん 選任されています。◇

 

★コースタイム★

JR袋井駅9:00『スタート』→ 袋井宿どまんなか9:15→萬松山可睡斎10:23→医王山油山寺11:34『 昼食』 12:24→愛野公園13:45→法多山尊永寺15:00→JR愛野駅15:45『ゴール・解散』

 

★感想報告★

昨日は節分、今日は立春! 『2度目のお正月という感じで、立春の朝日は新年のご来光よりも強力』

というネット記事を読んで、今日のウオーキングに期待して参加。

朝日どころか雨が降っている(泣) 雨具を準備してのスタートだったが、可睡斎に着く頃には天気予報どおりに雨は止んだ。

お参りの後、いいタイミングで野口夫妻からレモンの差し入れ(感謝です!)濃いピンクの梅の花が咲くいつもの場所で記念撮影。

ふと、遠州三山の“山”ってなんていう名前の山なのかな?  疑問を口にする。

上田さんが笑顔になって、『昔は”寺“のことを“山”と言ったんだよ』 と、教えて頂く。

『えー! 寺のこと』…知らなかった。考えた事もなかったなww

可睡斎は萬松山 油山寺は医王山 はったさんは法多山  寺の名前を初めて知ったかも  尊永寺

山の名前を探しながら訪れたので楽しかった。

家に帰ってから気づいた…

会長が作ってくれた資料のコースの見所と案内に、“山”と“寺”の名前が書いてあるではないか!(反省)

油山寺からはったさんまでは遠かったが、厄除けだんごを買うまでは!と、がんばった。受け取った団子は、まだほんのり温かく家路を急ぐ気持ちになった。

よろしくお願いしますm(._.)mみちた  

(道田 郁代 さん)

「今年もみんなで楽しく安全なウォーキング、そして結びつきを大切に」

 

例会名』 富士山本宮浅間大社から岩本山・潤井川を回るウオークの例会報告

 

『歩行距離』  17km

『実施日』   令和6年1月21日(日曜日)  天候『雨』

『参加者』   6名

 

 

会長挨拶 : 上木幹夫

朝から雨です。予報ですと午後には回復予定とのことです解りません。参加者6名で冷たい雨でのウオーキング浅間大社から岩本山公園、潤井川を回りJR富士駅までの17km頑張りましょう。

好天なら霊峰富士山を堪能する例会、新設のコース設定で下見も行い万全に準備しましたが仕方ありません。雨での体験を楽しみに変えゴールを目指してください。岩本山公園での狼狽を観賞しながら昼食を頂ければ最高ですが天候次第です。

 

★コースタイム★

JR富士宮駅9:50『スタート』→県富士山世界遺産センター・浅間大社10:05→本光寺10:49→勘助生誕地11:13→ヤマイチお茶屋さん11:25→岩本山公園12:00→實相寺岩本山鐘楼12:13『昼食』12:45→実相寺12:55→水神宮(潤井川)13:30→JR富士駅14:30『ゴール・解散』

 

★感想報告★

今日は大寒の翌日でしかも朝からの雨。防寒をしっかりとしてフル装備の雨具を持っていざ出発。富士宮駅で集合し、ネットで購入した両サイドフルジップファスナーを採用したレインパンツを自慢しながら着用しようとしたが・・・。なんとうまく履けないではないか!靴を履いたまま簡単に着用・脱着可能なのが売りのはずが。みんなに協力してもらってもうまくいかない。試し履きをしてこなかったのが仇となってしまった。仕方がないのでスパッツとレインコートを着用し出発。雨具をフル装備してきたため対応できたが出発時間を遅らせてしまった。ごめんなさい。(自宅に帰って早速再度チャレンジ。なんと一発で履け2~3回でコツを掴んだ。新しい物は、試し履きをしておくべきだったと後の祭り)。

 さて、雨の中を浅間大社に向かう。こんな天候でも例会を実施したという証拠写真を撮り、次に本光寺に向かった。下見の時は絶景の富士山をみながらのウオーキングだったが今日は何も見えない。下見の時の景色を思い浮かべながら歩いた。山本勘助生誕地に寄り、いつものお茶さんヤマイチさんで休憩。そして、昼食予定地の岩本山までは射撃の音を聞きながら緩やかな坂道を登った。展望台の東屋で昼食をとろうとしたが吹きさらしのためどうも居心地が悪い。そこで、實相寺まで向かうことになったが、途中の見晴台付近に有った鐘楼で雨をしのぎながら昼食をとることになった。梵鐘と一緒に食べるのも乙なものだ。下見の時は岩本山でほんのりと漂う蝋梅の香りを楽しんだが、今回は鐘楼との昼食だった。しかし、雨はしのげたが居心地が悪かったのか他のメンバーは早々と出発準備をしているではないか。味噌汁のあとは熱々のコーヒーを入れ楽しむはずだったが、昼休みもまた待たせるのは悪いと思い『熱々のコーヒー』は諦めた。實相寺、水神社で休憩し富士緑道に向かった。やっと雨が上がり、富士緑道の途中で雨具をたたんだ。大寒の翌日だったがさほどの寒さではなく、むしろ晴れ間が出ると汗ばむほどだった。予定より30分ほど早くゴールの富士駅に到着。お疲れ様でした。

(吉田 進 さん)

「今年もみんなで楽しく安全なウォーキング、そして結びつきを大切に」

 

『例会名』 浅間神初詣と新春の賎機山・静岡市内名所散策ウォーク例会報告 

『歩行距離』 19km

『実施日』  令和5年1月7日(日曜日)  天候『晴』

『参加者』  34名(内一般参加者2名)

 

会長挨拶 : 上木幹夫  

『1月1日に発生した能登半島地震でお亡くなりなられた方々にお悔やみ申し上げると共に、まだ安否がわからない人々の一刻も早い救出を願うばかりです。また、救出活動方々、支援活動方々の努力に敬意を申し上げます。』

 

あけましておめでとうございます 会員の皆さま健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。令和6年(2024年)は十二支では辰の年にあたり、干支は「甲辰」となります。

新型コロナウィルス感染症が令和 5 年 5 月 8 日から「5類感染症」変更され日常がコロナ前に戻ってきました。しかしインフルエンザについては感染拡大が続く兆候が見られていますので、会員の皆さまにはマスクを必要に応じて使うことや、

換気3密を避けてことなど基本的な感染対策をおとりになり健康体調の維持お努めください。

年会費については、昨年値下げし運営の簡素化を進めてまいりましたが、昨今の物価高の中では、当初の年間費にもとに戻さぜるを得ません会員諸氏のご理解を頂ければ有難いです。

運営については、安全・安心の例会・下見を実施し皆様の健康寿命と免疫力をあげ楽しいウオーキングに努めてまいります。

 

★コースタイム★

小梳神社『出発式』 9:05→弥勒公園9:40→桜町団地公園10:53→北部図書館11:35『昼食』12:45→賎機山畑総記念碑13:50→臨済寺14:45→浅間神社初詣15:15→静岡県社会福祉会館15:40『ゴール』引き続き『定期総会』

 

★感想報告★

新春1月7日の快晴の日曜日、ここ数年続いている真っ白な素晴らしい富士山を見ながらのウオーキングになりました。小梳神社へ32名集まり出発式と記念撮影、今年は、骨董市もなく清掃された境内で行う事ができました。

静岡市内の旧東海道の弥勒公園で2名合流し最終参加者34名となる。新春恒例の例会・総会で、今回14回目の浅間神社初詣と賎機山・静岡市内名所散策ウオークです。

穏やでいつもと変わらない新春のコースを歩くのも安心で安堵感があります。小梳神社・静岡の繁華街、静岡市庁舎南側のスケートリンク場、青葉公園、常盤公園をとおり、旧東海道を経由し弥勒公園で休憩、これからは安倍川左岸を北上します。

途中の安倍川中と静岡商業「静商」の境道路で、毎年行われている地域の輪投げゲームの方々より挨拶を受ける覚えて頂き有難い。野球グラウンドでは部員と父兄・見物人などで賑わいが見られる。

安倍川の河川敷での正月景色、「子供たちの野球・ソフトボール・サッカー・ラクビー等の練習風景」を今年も見ながら上流へ向かう。

安部川を北上し昼食場所の北部図書館へと向う。お昼の食事後に昨日作ったお汁粉を参加者の皆様に振る舞う。美味しく召し上がって頂ければ幸いです。準備にお手伝い頂いた方に感謝しております。

午後は賎機山一部縦走し、去年のNHK大河ドラマ「どうする家康」ゆかりの地「臨済寺」から「浅間神社初詣」後、駿府城公園を回り静岡県総合福祉会館101号会議室で令和6年の定期総会を行う。

ゴール後に、直接総会参加者も加えて総会を開催し無事に終了すること出来ました。会員の皆様方に感謝しています。 

(上木 幹夫 会長)

bottom of page